• TOP
  • バックナンバー

BACKNUMBERS
バックナンバー

2019年09月11日 Vol.371

food & drink

Neverland Diner 二度と行けないあの店で 80『突撃せよ!あさましい山荘』小林勇貴(映画監督)

「殺してやる、殺してやっからヨォー!」ぶん投げられて割れる酒瓶! 石にぶつかって散った破片が池に落ちると、餌と勘違いしたアホ面の鯉が水面からコンニチハ。ノーコンで酒瓶をぶん投げたサメハダのバカが「ゼッテー殺してやっからヨォオ」といって泣きながら、ゲロを吐きました。以前海水浴に行ったとき、海岸に打ち上げられていた瀕死状態のサメの子供をひたすら殴って撲殺したことから『サメハダ』と呼ばれるようになったこいつは、兎に角短気で超危険。数ヶ月前には殺したスズメバチを繋げて作ったネックレスを首から下げていたことでハチノコと呼ばれていました。本名はコウタロウ。コウは幸せと書きます。

続きを読む

art

「ビル景」の息づかい

すでにご覧になった方も多いだろうが、大竹伸朗『ビル景』展が7月13日から水戸芸術館で開かれている。本メルマガでは今年4月3日号で熊本市現代美術館での展覧会を特集したが、そこからさらに新作など100点あまりが加わり、約600点の「ビル景」が並んだ大規模な展示になっている。また今回の『ビル景』は、大竹くんにとって2006年の東京都現代美術館での『全景 1955-2006』以来、なんと13年ぶりとなる関東エリアでの美術館個展でもある。

続きを読む

art

あいちトリエンナーレ雑感1

早く行かなきゃと思いつつ時間が取れず、そのうち「今週いっぱいでサエボーグの公演終了!」と聞いて焦り、「あいちトリエンナーレ」に日帰りで行ってきた。「愛知芸術文化センター」「名古屋市美術館」「四間道・円頓寺」「豊田市美術館・豊田市駅周辺」と4つにわかれたエリアのうち、事情通のお話によると「豊田エリアがいちばん充実」らしいのだが、サエボーグの公演がある芸術文化センターと両方日帰りでこなすのは無理があり、断念。会期中にもういちど挑戦したいので、今回はメルマガでの「第一報」と思っていただきたい。

続きを読む

photography

ペイジ・パウエル「ビューラ・ランド」展、開幕!

先々週号「ニューヨークが「ほかのどこにもない場所」だったころ」で特集したペイジ・パウエルの写真展「BEULAH LAND」が、先週末にドーバー ストリート マーケット銀座で開幕した。ドーバー ストリート マーケットの1階には「エレファントルーム」と呼ばれる小部屋がある。中央にイギリスの立体作家ステファニー・グエールによる巨大ゾウが鎮座するガラスの空間が、今回の展示室。ゾウは半透明スクリーンで囲い込まれ、壁面すべてと床面に約3,000枚のプリントを貼り込められて、なんだか80年代に直結するタイムカプセルに飛び込んだ気分にさせられた。壁面のあちこちには無料のポストカードが仕込まれていて、好きなものを持って帰れるようになっている。

続きを読む

photography

失われた京都を求めて

「ニュイ・ブランシュ」は毎年10月初めの週末にパリで開催される「徹夜のアート・イベント」。こういうのはほんとうにパリが羨ましいところだよなあ・・・・・・と思っていたら、パリと姉妹都市である京都でも「ニュイ・ブランシュ京都」が京都市とアンスティチュ・フランセ関西(昔は「日仏学院」でしたね)が共同開催されるようになって、今年は10月5日の土曜夕方から、京都市各所で開催される。その関連企画のひとつとして、なんと二条城で開催されるのが甲斐扶佐義初回顧展『京都詩情』。このメルマガでも何度か登場している甲斐さんは元「ほんやら洞」店主、いまは木屋町でいちばん汚いとされる(誉めてるつもり!)「Bar八文字屋」の店主であります。

続きを読む

lifestyle

DOMMUNEスナック芸術丸・再配信「BONE MUSIC」5時間スペシャル!

今年前半にお送りした3本のスナック芸術丸プログラムを、ロードサイダーズ購読者限定で公開してもらうDOMMUNEからのプレゼント! 最終回の今回は、原宿での展覧会にあわせて4月27日に特別配信された、「BONE MUSIC」5時間スペシャル! ソヴィエト冷戦時代、レントゲン写真に音を刻んだ奇跡と感動の音楽秘話。ロンドンから展覧会のキュレーションを担当したスティーヴン・コーツとポール・ハートフィールド、さらにBird、Seiho、そしてオープンリール・アンサンブルの和田永各氏によるライブ演奏を、その場でレントゲンフィルムにカッティングする実演もあり! DJ Licaxxxによる、ボーン・レコードによるDJプレイまであり! 丸々5時間ノンストップ・・・・・・ボーン・レコードに関して、これだけ充実のプログラムは世界のどこを探しても、他にないはず。気合い入れて、じっくりお楽しみください!

続きを読む

2019年09月04日 Vol.370

food & drink

Neverland Diner 二度と行けないあの店で 79『北浦和 さらじゅ』島田真人(編集者・カレー愛好家)

ほぼ毎日のようにカレーを食べ歩くようになってからもう10年以上経っている。そんな生活をしていたら、いつのまにか自分でカレー関係の本の編集をしたり原稿を書いたりをするようにもなってしまった。そういったことをしていると、やはり「いちばん好きなカレー屋はどこですか?」と聞かれることもある。これがまた答えるのが難しくて、そのときによって答えが違っていたりもするんだけど、最近ではいちおうそういったときに答える用のカレー屋もある。自分の中では「いちばん好きなカレー屋はどこか」という問題について、とくに最近は美味しい美味しくないというところでカレーを食べているというよりは、カルチャー的に楽しんで食べていることもあるので、まだきちんとした答えが見つかってはいないのが現実でもある。いつも出先でカレーを食べたりなんなりしていれば、数多くのカレー屋で食べてもいるし、いまはもう閉店してしまったカレー屋も数多くある。

続きを読む

design

針と糸でつづる香港愛

抗議活動が13週目を迎え、いよいよ臨界点に近づきつつある香港情勢を、世界が固唾を呑んで見守っている。そんなタイミングで、「香港を忘れないために」先々週はふたりの香港在住写真家を紹介したが、今週はこれもきわめてユニークなかたちで「香港愛」を表現し続ける日本のアーティストを紹介したい。鈴木久美子さんと知り合ったのはもう20年近く前で、そのころ彼女は『SWITCH』という雑誌の編集者だった。仕事でも、夜の遊び場でもよく会うようになって、でも彼女が「編集者のかたわら家でチクチク刺繍をしている」ことは数年前になって初めて知ったのだった。2011年ごろから「macaroni」という活動名で作品を発表している鈴木さんは「刺繍作家」ということになるけれど、大げさな現代美術インスタレーションとかではなく、ハンカチやトートバッグ、ポーチのようなかわいらしいサイズの布地に自分の好きなものを、絵を描くように刺繍している。

続きを読む

travel

赤線酒場×ヤミ市酒場 ~盛り場のROADSIDERS~ 第7回 秋田県・湯沢市(文・写真:渡辺豪+フリート横田)

今回目指すは秋田県湯沢市。東京上野駅から秋田新幹線で北上。大曲駅で在来線・奥羽本線に乗り換えて、南へ転進すること3時間。目的地の湯沢で旅装を解く前に、一つ手前の中核都市である横手に降り立った。横田「渡辺さん、秋田県のヤミ市は大きなものだと秋田駅前にあったようですが、県南部のこのあたりでは、特にそういった規模のものは聞きません。」渡辺「この辺りはむしろ物資の供給地だったので、ヤミ市はなかったと地元の人に聞いて腹落ちしたことがあります。一方、遊廓は相当賑やかなものがあったようで、現在の歓楽街、中央町がかつての遊廓・馬口労町です。もともと宿場町や地域の集散地として商取引の盛んな街でしたが、明治38年に奥羽本線の開通が、遊廓の発展を後押ししたようで、7軒の妓楼と40名以上の遊女がいたようです。」

続きを読む

travel

Back in the ROADSIDE USA 108 Josephine Tussaud Wax Museum, Hot Springs, AR

ロウ人形館ができるとその観光地は、なぜか2段階ぐらい、ぐっと品が落ちてダメな感じになる。アーカンソー州南西部のホットスプリングスは、百年以上前からにぎわう老舗観光地。エレガントなバスハウスが湯煙に霞む光景は、アメリカの熱海と呼びたい非現実感が漂う。温泉といえば「飲む、打つ、買う」というわけで、ホットスプリングスはかつて名だたるギャングたちが闊歩する、スリリングな土地でもあった。禁酒法時代にアル・カポネが本拠にしたのもここ。往時の残り香をとどめるアナクロ観光スポットが、いまでも街には生き延びている。そしてホットスプリングスにも、やっぱりロウ人形館があった。それもジョセフィン・タッソーなどという、いかにも正統派のロウ人形館らしい名前の。

続きを読む

lifestyle

DOMMUNEスナック芸術丸・再配信「ビル景のかなたに with 大竹伸朗」!

先週に続いて今年前半にお送りした3本のスナック芸術丸プログラムを、ロードサイダーズ購読者限定で公開してもらうDOMMUNEからのプレゼント! 今週は4月1日に、大竹伸朗氏を迎えてお送りした「ビル景」スペシャル! 2時間たっぷり、ふたりで語り合います。展覧会のことから、おたがい持ち寄ったレコード披露まで、ご堪能あれ!

続きを読む

2019年08月28日 Vol.369

food & drink

Neverland Diner 二度と行けないあの店で 78(特別編)『松屋バイトで見た十三の景色』徳谷柿次郎(編集者)

人生で一番しんどかった仕事は牛丼チェーン「松屋」のアルバイトだった。二十歳前後の頃、「松屋」で深夜アルバイトを始めた。一般的な人生のレールから大きく外れ始めたタイミングで、昼間の明るい時間帯に人と会いたくない、もっといえば地元の友だちと会うのを避けたい。泥まみれのコンプレックスを抱えて、誰も自分のことを知らないインターネットにもっとどっぷり浸っていたかった時期だ。

続きを読む

travel

ロウ人形に教わる「魔都」上海

上海に初めて、たとえば3泊4日とかで旅行しようとする。旅行ガイドやウェブサイトを見て行きたい場所をチェックして・・・・・・いきなり途方に暮れるひとが少なくないはずだ。歴史的な観光名所はもちろん、メジャー・サイズのミュージアムも年々増えるいっぽうなので、いったいどこをどう回ったらいいのか、選択に困ってしまう。そういう新たな観光スポットの影で、昔から姿を変えずに残っている場所もある。僕は初めて訪れる都市でロウ人形館を探すのが好きなのだが、上海にもおなじみマダム・タッソーがある。でも、もう一カ所、いまから10年以上も前に上海で見つけたロウ人形の館が、まだそのまま残っていると聞いて、今回もつい再訪してしまった。

続きを読む

photography

ニューヨークが「ほかのどこにもない場所」だったころ

マンハッタン、ソーホーのすぐ北側、いまは「ノーホー(NoHo)と呼ばれるエリアに、「ダッシュウッド・ブックス」という小さな写真集専門書店がある。気をつけていないと通り過ぎてしまうような外観だが、店内には丹念にセレクトされた新刊・古書の写真集数千冊がストックされているほか、出版も手がけていて、日本人写真家でも荒木経惟の初期作品集や、今年は橋口譲二が1982年に発表した記念碑的な『俺たち、どこにもいられない』に、奈良美智のエッセイを添えて甦らせた『We Have No Place to Be 1980-1982』もリリースするなど、かなりエッジのきいた本づくりを続けている。編集者のひとりに日本人女性がいることもあってダッシュウッドと数年前に知り合い、それから新刊案内のメールが届くようになったのだが、2~3ヶ月前だろうか、『Paige Powell』という箱入り豪華写真集の新刊お知らせを受け取って、エエーッと思わず声が出た。

続きを読む

travel

案山子X 58:奥富かかし祭り(埼玉)(写真・文:上迫愛)

こんにちは。上迫愛です。埼玉県狭山市下奥富の奥富かかし祭りを紹介します。埼玉県の南西部に位置する狭山市。日本三大銘茶の一つと言われる「狭山茶」が有名です。新狭山駅から徒歩20分ほどの場所にある下奥富では、毎年10月下旬から11月上旬にかけて「奥富かかし祭」が開催されます。市内に唯一残る田園を活かして交流の場を作り町を盛り上げようと、1988年に始まった祭です。

続きを読む

lifestyle

DOMMUNEスナック芸術丸、2019年度前半プログラム、リリース開始!

日曜日に高松の特設スタジオから「リアルスナック芸術丸」を生配信したばかりのDOMMUNE。宇川くんのご厚意により、今年前半にお送りした3本のスナック芸術丸プログラムを、ロードサイダーズ購読者限定で公開してもらえる準備が整いました! これから3週にわたって、一本ずつご覧いただけるようにします。まずは1月23日に、伝説の初代編集長・比嘉健二さんを迎えてお送りした第53夜「青森のBOROと暴走レディース・ナイト」。連載では伝えきれなかった、現場を体験した人間のみが語れる暴走レディースたちのナマの生きざま! 後半も3時間たっぷりの「四つ打ち地獄」! 沖縄電子少女、かっこいいです! 見逃したかたも、ぜひこの機会にご視聴ください。

続きを読む

fashion

花はどこへ行ったのか

毎週メルマガを書いているというのに、どうしてもこぼれてしまったり閉幕直前になってしまう展覧会やイベントがたくさんあって、ほんとうに申し訳ない。今週日曜(9月1日)まで神戸ファッション美術館で開かれている『Flowers 』も、ずっと気にかかっていたものの訪れる時間がないまま、気がついてみれば終了間近になってしまった。いつものファッション美術館の展示と同様、あまり一般には知られていないかもしれないけれど、予想を超えた充実の展覧会だったこと、そしてもしかしたらこの週末に京都国立近代美術館で開催中の『ドレス・コード?』展に行く予定のひとがいたら、神戸にも足を伸ばしてくれるかもというわずかな期待を込めて、急いで記事をつくらせてもらった。これを書いているいまは配信前夜の23時、間に合うか!

続きを読む

  • TOP
  • バックナンバー

FACEBOOK

BOOKS

ROADSIDE LIBRARY vol.006
BED SIDE MUSIC――めくるめくお色気レコジャケ宇宙(PDFフォーマット)

稀代のレコード・コレクターでもある山口‘Gucci’佳宏氏が長年収集してきた、「お色気たっぷりのレコードジャケットに収められた和製インストルメンタル・ミュージック」という、キワモノ中のキワモノ・コレクション。

1960年代から70年代初期にかけて各レコード会社から無数にリリースされ、いつのまにか跡形もなく消えてしまった、「夜のムードを高める」ためのインスト・レコードという音楽ジャンルがあった。アルバム、シングル盤あわせて855枚! その表ジャケットはもちろん、裏ジャケ、表裏見開き(けっこうダブルジャケット仕様が多かった)、さらには歌詞・解説カードにオマケポスターまで、とにかくあるものすべてを撮影。画像数2660カットという、印刷本ではぜったいに不可能なコンプリート・アーカイブです!

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.005
渋谷残酷劇場(PDFフォーマット)

プロのアーティストではなく、シロウトの手になる、だからこそ純粋な思いがこめられた血みどろの彫刻群。

これまでのロードサイド・ライブラリーと同じくPDF形式で全289ページ(833MB)。展覧会ではコラージュした壁画として展示した、もとの写真280点以上を高解像度で収録。もちろんコピープロテクトなし! そして同じく会場で常時上映中の日本、台湾、タイの動画3本も完全収録しています。DVD-R版については、最近ではもはや家にDVDスロットつきのパソコンがない!というかたもいらっしゃると思うので、パッケージ内には全内容をダウンロードできるQRコードも入れてます。

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.004
TOKYO STYLE(PDFフォーマット)

書籍版では掲載できなかった別カットもほとんどすべて収録してあるので、これは我が家のフィルム収納箱そのものと言ってもいい

電子書籍版『TOKYO STYLE』の最大の特徴は「拡大」にある。キーボードで、あるいは指先でズームアップしてもらえれば、机の上のカセットテープの曲目リストや、本棚に詰め込まれた本の題名もかなりの確度で読み取ることができる。他人の生活を覗き見する楽しみが『TOKYO STYLE』の本質だとすれば、電書版の「拡大」とはその密やかな楽しみを倍加させる「覗き込み」の快感なのだ――どんなに高価で精巧な印刷でも、本のかたちではけっして得ることのできない。

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.003
おんなのアルバム キャバレー・ベラミの踊り子たち(PDFフォーマット)

伝説のグランドキャバレー・ベラミ・・・そのステージを飾った踊り子、芸人たちの写真コレクション・アルバムがついに完成!

かつて日本一の石炭積み出し港だった北九州市若松で、華やかな夜を演出したグランドキャバレー・ベラミ。元従業員寮から発掘された営業用写真、およそ1400枚をすべて高解像度スキャンして掲載しました。データサイズ・約2ギガバイト! メガ・ボリュームのダウンロード版/USB版デジタル写真集です。
ベラミ30年間の歴史をたどる調査資料も完全掲載。さらに写真と共に発掘された当時の8ミリ映像が、動画ファイルとしてご覧いただけます。昭和のキャバレー世界をビジュアルで体感できる、これ以上の画像資料はどこにもないはず! マンボ、ジャズ、ボサノバ、サイケデリック・ロック・・・お好きな音楽をBGMに流しながら、たっぷりお楽しみください。

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.002
LOVE HOTEL(PDFフォーマット)

――ラブホの夢は夜ひらく

新風営法などでいま絶滅の危機に瀕しつつある、遊びごころあふれるラブホテルのインテリアを探し歩き、関東・関西エリア全28軒で撮影した73室! これは「エロの昭和スタイル」だ。もはや存在しないホテル、部屋も数多く収められた貴重なデザイン遺産資料。『秘宝館』と同じく、書籍版よりも大幅にカット数を増やし、オリジナルのフィルム版をデジタル・リマスターした高解像度データで、ディテールの拡大もお楽しみください。
円形ベッド、鏡張りの壁や天井、虹色のシャギー・カーペット・・・日本人の血と吐息を桃色に染めあげる、禁断のインテリアデザイン・エレメントのほとんどすべてが、ここにある!

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.001
秘宝館(PDFフォーマット)

――秘宝よ永遠に

1993年から2015年まで、20年間以上にわたって取材してきた秘宝館。北海道から九州嬉野まで11館の写真を網羅し、書籍版では未収録のカットを大幅に加えた全777ページ、オールカラーの巨大画像資料集。
すべてのカットが拡大に耐えられるよう、777ページページで全1.8ギガのメガ・サイズ電書! 通常の電子書籍よりもはるかに高解像度のデータで、気になるディテールもクローズアップ可能です。
1990年代の撮影はフィルムだったため、今回は掲載するすべてのカットをスキャンし直した「オリジナルからのデジタル・リマスター」。これより詳しい秘宝館の本は存在しません!

SHOPコーナーへ


捨てられないTシャツ

70枚のTシャツと、70とおりの物語。
あなたにも〈捨てられないTシャツ〉ありませんか? あるある! と思い浮かんだあなたも、あるかなあと思ったあなたにも読んでほしい。読めば誰もが心に思い当たる「なんだか捨てられないTシャツ」を70枚集めました。そのTシャツと写真に持ち主のエピソードを添えた、今一番おシャレでイケてる(?)“Tシャツ・カタログ"であるとともに、Tシャツという現代の〈戦闘服〉をめぐる“ファッション・ノンフィクション"でもある最強の1冊。 70名それぞれのTシャツにまつわるエピソードは、時に爆笑あり、涙あり、ものすんごーい共感あり……読み出したら止まらない面白さです。

amazonジャパン


圏外編集者

編集に「術」なんてない。
珍スポット、独居老人、地方発ヒップホップ、路傍の現代詩、カラオケスナック……。ほかのメディアとはまったく違う視点から、「なんだかわからないけど、気になってしょうがないもの」を追い続ける都築響一が、なぜ、どうやって取材し、本を作ってきたのか。人の忠告なんて聞かず、自分の好奇心だけで道なき道を歩んできた編集者の言葉。
多数決で負ける子たちが、「オトナ」になれないオトナたちが、周回遅れのトップランナーたちが、僕に本をつくらせる。
編集を入り口に、「新しいことをしたい」すべてのひとの心を撃つ一冊。

amazonジャパン


ROADSIDE BOOKS
書評2006-2014

こころがかゆいときに読んでください
「書評2006-2014」というサブタイトルのとおり、これは僕にとって『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』(2008年)に続く、2冊めの書評集。ほぼ80冊分の書評というか、リポートが収められていて、巻末にはこれまで出してきた自分の本の(編集を担当した作品集などは除く)、ごく短い解題もつけてみた。
このなかの1冊でも2冊でも、みなさんの「こころの奥のかゆみ」をスッとさせてくれたら本望である。

amazonジャパン


独居老人スタイル

あえて独居老人でいること。それは老いていくこの国で生きのびるための、きわめて有効なスタイルかもしれない。16人の魅力的な独居老人たちを取材・紹介する。
たとえば20代の読者にとって、50年後の人生は想像しにくいかもしれないけれど、あるのかないのかわからない「老後」のために、いまやりたいことを我慢するほどバカらしいことはない――「年取った若者たち」から、そういうスピリットのカケラだけでも受け取ってもらえたら、なによりうれしい。

amazonジャパン


ヒップホップの詩人たち

いちばん刺激的な音楽は路上に落ちている――。
咆哮する現代詩人の肖像。その音楽はストリートに生まれ、東京のメディアを遠く離れた場所から、先鋭的で豊かな世界を作り続けている。さあ出かけよう、日常を抜け出して、魂の叫びに耳を澄ませて――。パイオニアからアンダーグラウンド、気鋭の若手まで、ロングインタビュー&多数のリリックを収録。孤高の言葉を刻むラッパー15人のすべて。

amazonジャパン


東京右半分

2012年、東京右傾化宣言!
この都市の、クリエイティブなパワー・バランスは、いま確実に東=右半分に移動しつつある。右曲がりの東京見聞録!
576ページ、図版点数1300点、取材箇所108ヶ所!

amazonジャパン


東京スナック飲みある記
ママさんボトル入ります!

東京がひとつの宇宙だとすれば、スナック街はひとつの銀河系だ。
酒がこぼれ、歌が流れ、今夜もたくさんの人生がはじけるだろう、場末のミルキーウェイ。 東京23区に、23のスナック街を見つけて飲み歩く旅。 チドリ足でお付き合いください!

amazonジャパン