• TOP
  • 編集後記

AFTER HOURS
編集後記

2016年11月23日 Vol.237

今週も最後までお付き合い、ありがとうございました! いろんな場所にお連れしましたが、気に入ってもらえた記事、あったでしょうか。

イントロでお知らせしたとおり、来週の30日は第5水曜にあたるため、配信お休みさせていただきます。すいません! でも、ちょっとしたプレゼントを用意しているので、お楽しみに。

この後記を書いているのは月曜の夜、鳥取市のビジネスホテル。朝の飛行機で東京から来て、市民美術展の審査に参加したのですが、明日は福岡に移動。岡山か姫路まで出て、そこから新幹線かな・・・と思ったら、乗車時間だけで約5時間半! けっきょく、鳥取空港から羽田空港まで戻って、羽田から福岡空港に飛んだほうが、所要時間半分くらいだと判明しました。鳥取、手強い!

と、こんなことを書くと、「どうせ鳥取は遠すぎですから・・・」とか地元のかたに言われてしまいそうですが、言い方を変えれば「東京が遠すぎ」なだけ。世界地図だって、欧米で売ってるのは日本がいちばん端っこなんだし。鳥取が日本でいちばん寂しい県と言うならば、「日本は世界の鳥取」なのかもしれないし、「地球は宇宙の鳥取」なのかもしれないし!(前に名古屋で同じこと書きましたが)

鳥取には今週末も行く予定なので、1週間に二度の来鳥(というのか?)。「砂丘」と「梨」くらいしか思いつかないひとも多いでしょうが、鳥取市は街なかに温泉があるし、中心部は歩きまわるのにちょうどいいコンパクトなサイズ。しかもいまは松葉ガニの季節! 京都みたいなメジャー観光地の大混雑に辟易してるかたには、おすすめです。

しかし、いくら来週はメルマガお休みとはいえ、日曜にふたたび鳥取、そこから電車で大阪(ロフトプラスワンウエスト2デイズ)、そのまま今度は島根・・・という流れ旅。東京で高額家賃払ってるのが、だんだん無意味に思えてきました(涙)。でも、取れたて地方ネタをお送りできるよう(そしてコンビニ飯ばっかりにならないよう)、がんばってきます!

[鳥取・夜の散歩道]

「鳥取の夜」といえば思い出されるのが、あの豊満体で6人のオヤジを毒牙にかけた上田美由紀! 「東の毒婦」木嶋佳苗に対する「西の毒婦」と並び称された美由紀嬢は、弥生町のプチぼったくり・デブ専スナック『ジャンボ』の看板娘だった(店名、ぴったりすぎ!)。ジャンボは残念ながらすでに閉店、店舗は賃貸に出されている。


グーグル・ストリート・ビューにはまだ『ジャンボ』が写ってるので、いまのうちに確認しておくべし

弥生町は駅前商店街の裏に広がる鳥取随一の飲食&風俗街。「夜の散歩」しているうちに、古風な店構えが気になって入店してみたのが『バー貝』。これが店を開いてもうすぐ50年という、素晴らしい風格のカウンターバーだった。おとなりの『なぎさ』と並んで、ここらでいちばん古い店だそう。




「昔とは比べものにならないくらい、鳥取は寂れちゃってねぇ」と嘆く信子ママは、なんと御年81歳。いまでも毎晩、お客さんと一緒にビール3~4本はいくという、元気いっぱいのベテラン・ママさんだ。生まれも育ちも鳥取で、実家は旅館経営。鳥取は温泉が湧くので、むかしは駅前に温泉旅館がたくさんあったそう。「だけど若いころ駆け落ちしちゃって、5年くらい池袋に住んでたの」。それから鳥取に連れ戻されて、いろいろあったのちに31歳で『貝』を開いたのが1968(昭和43)年のこと。以来、約半世紀。開店当時からのお客さんもいまだにいるけれど、「みんなどんどん死んじゃって」。


『貝』という珍しい店名に、お客さんは「ママの貝やろ!」と突っ込むのがお約束だが、「え~、なんのことぉ?」とかとぼけつつ、ここまでやってきた。ほんとはアールヌーボー好きで、貝のフォルムがよく使われるからと、この名前を選んだそう。美しいカウンターの曲線は船をあらわしていて、『貝』はインテリア・デザインもすべてママの手によるものなのだ。そして開店以来50年近く、まったく改装していない当時そのままの内装、外観でやっている。




若いころは「浅丘ルリ子か嵯峨三智子に似てる」と言われた信子ママによれば、「男はパンチがないと、草食系なんてダメよ。やっぱり『勃ち』だからね!」。年配のお客さんはど演歌をかけてほしがるが(『貝』はカラオケなし)、「私はこういうのが好きなの」と、お気に入りのトム・ジョーンズをかけながら、お相手してくれた。


土日はお休みだけど、平日は毎晩ひとりでカウンターに立ち、お酒も飲むけれど、そのかわり外食はしない、ヨガなどの運動を心がけ、風邪を引いたりしても薬に頼らず、自然治癒をこころがけるといった、からだメンテナンスに気を配ってる。「だからあなたも、バイアグラとか使っちゃダメよ!」と言われて、自分の自然治癒力を疑いながらお会計を頼んだら、こちらハイボール4、5杯に、ママのビールで計4000円! 堅く再訪をこころに誓って、店をあとにしたのでありました。


  • TOP
  • 編集後記

AFTER HOURS BACKNUMBERS
編集後記バックナンバー

FACEBOOK

BOOKS

ROADSIDE LIBRARY vol.003
おんなのアルバム キャバレー・ベラミの踊り子たち(PDFフォーマット)

伝説のグランドキャバレー・ベラミ・・・そのステージを飾った踊り子、芸人たちの写真コレクション・アルバムがついに完成!

かつて日本一の石炭積み出し港だった北九州市若松で、華やかな夜を演出したグランドキャバレー・ベラミ。元従業員寮から発掘された営業用写真、およそ1400枚をすべて高解像度スキャンして掲載しました。データサイズ・約2ギガバイト! メガ・ボリュームのダウンロード版/USB版デジタル写真集です。
ベラミ30年間の歴史をたどる調査資料も完全掲載。さらに写真と共に発掘された当時の8ミリ映像が、動画ファイルとしてご覧いただけます。昭和のキャバレー世界をビジュアルで体感できる、これ以上の画像資料はどこにもないはず! マンボ、ジャズ、ボサノバ、サイケデリック・ロック・・・お好きな音楽をBGMに流しながら、たっぷりお楽しみください。

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.002
LOVE HOTEL(PDFフォーマット)

――ラブホの夢は夜ひらく

新風営法などでいま絶滅の危機に瀕しつつある、遊びごころあふれるラブホテルのインテリアを探し歩き、関東・関西エリア全28軒で撮影した73室! これは「エロの昭和スタイル」だ。もはや存在しないホテル、部屋も数多く収められた貴重なデザイン遺産資料。『秘宝館』と同じく、書籍版よりも大幅にカット数を増やし、オリジナルのフィルム版をデジタル・リマスターした高解像度データで、ディテールの拡大もお楽しみください。
円形ベッド、鏡張りの壁や天井、虹色のシャギー・カーペット・・・日本人の血と吐息を桃色に染めあげる、禁断のインテリアデザイン・エレメントのほとんどすべてが、ここにある!

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.001
秘宝館(PDFフォーマット)

――秘宝よ永遠に

1993年から2015年まで、20年間以上にわたって取材してきた秘宝館。北海道から九州嬉野まで11館の写真を網羅し、書籍版では未収録のカットを大幅に加えた全777ページ、オールカラーの巨大画像資料集。
すべてのカットが拡大に耐えられるよう、777ページページで全1.8ギガのメガ・サイズ電書! 通常の電子書籍よりもはるかに高解像度のデータで、気になるディテールもクローズアップ可能です。
1990年代の撮影はフィルムだったため、今回は掲載するすべてのカットをスキャンし直した「オリジナルからのデジタル・リマスター」。これより詳しい秘宝館の本は存在しません!

SHOPコーナーへ


圏外編集者

編集に「術」なんてない。
珍スポット、独居老人、地方発ヒップホップ、路傍の現代詩、カラオケスナック……。ほかのメディアとはまったく違う視点から、「なんだかわからないけど、気になってしょうがないもの」を追い続ける都築響一が、なぜ、どうやって取材し、本を作ってきたのか。人の忠告なんて聞かず、自分の好奇心だけで道なき道を歩んできた編集者の言葉。
多数決で負ける子たちが、「オトナ」になれないオトナたちが、周回遅れのトップランナーたちが、僕に本をつくらせる。
編集を入り口に、「新しいことをしたい」すべてのひとの心を撃つ一冊。

amazonジャパン


ROADSIDE BOOKS
書評2006-2014

こころがかゆいときに読んでください
「書評2006-2014」というサブタイトルのとおり、これは僕にとって『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』(2008年)に続く、2冊めの書評集。ほぼ80冊分の書評というか、リポートが収められていて、巻末にはこれまで出してきた自分の本の(編集を担当した作品集などは除く)、ごく短い解題もつけてみた。
このなかの1冊でも2冊でも、みなさんの「こころの奥のかゆみ」をスッとさせてくれたら本望である。

amazonジャパン


独居老人スタイル

あえて独居老人でいること。それは老いていくこの国で生きのびるための、きわめて有効なスタイルかもしれない。16人の魅力的な独居老人たちを取材・紹介する。
たとえば20代の読者にとって、50年後の人生は想像しにくいかもしれないけれど、あるのかないのかわからない「老後」のために、いまやりたいことを我慢するほどバカらしいことはない――「年取った若者たち」から、そういうスピリットのカケラだけでも受け取ってもらえたら、なによりうれしい。

amazonジャパン


ヒップホップの詩人たち

いちばん刺激的な音楽は路上に落ちている――。
咆哮する現代詩人の肖像。その音楽はストリートに生まれ、東京のメディアを遠く離れた場所から、先鋭的で豊かな世界を作り続けている。さあ出かけよう、日常を抜け出して、魂の叫びに耳を澄ませて――。パイオニアからアンダーグラウンド、気鋭の若手まで、ロングインタビュー&多数のリリックを収録。孤高の言葉を刻むラッパー15人のすべて。

amazonジャパン


東京右半分

2012年、東京右傾化宣言!
この都市の、クリエイティブなパワー・バランスは、いま確実に東=右半分に移動しつつある。右曲がりの東京見聞録!
576ページ、図版点数1300点、取材箇所108ヶ所!

amazonジャパン


東京スナック飲みある記
ママさんボトル入ります!

東京がひとつの宇宙だとすれば、スナック街はひとつの銀河系だ。
酒がこぼれ、歌が流れ、今夜もたくさんの人生がはじけるだろう、場末のミルキーウェイ。 東京23区に、23のスナック街を見つけて飲み歩く旅。 チドリ足でお付き合いください!

amazonジャパン