• TOP
  • 編集後記

AFTER HOURS
編集後記

2016年08月10日 Vol.223

今週も最後までお付き合いありがとうございました。ここまで無事に辿り着いていただき、感謝です! アメリカの珍スポットをめぐる新連載がスタートして、ますますボリューム・アップの肥満体メルマガになってきましたが、まぁ断捨離してる場合じゃないし! 8月は水曜が5回あり、再来週31日は配信お休みさせていただきますので、来週号もすごいことになると思います。お楽しみに!

先週7日まで、約8週間にわたって開催してきたアツコバルーでの『神は局部に宿る ― 都築響一 presents エロトピア・ジャパン』も、ようやく閉幕。なんと総計で1万人近いお客様が来てくれました。ほんとうにありがとう! 渋谷という土地柄もあったでしょうが、昭和のエロ文化を平成生まれの若者たちが楽しむのって、そばで見ていて、なんだか新鮮な感覚がありました。また、どっか別の場所でやりたいなあ・・・呼ばれてないけど。

しかし毎日毎日、「ラブドールの胸は触らないでください!」とか、「局部指入れ体験、百円です!」、「特製カクテルのチンジャエールがオススメ!」とか叫んでたスタッフ一同ともども、すっかり燃え尽きた感あり。ほんとうは自分へのご褒美に1週間ぐらい温泉三昧でもしたいところだけど・・・ぜんぜん無理だし。

ということで、行くのはできないけど、「行けるとしたら、どこへ行きたいだろう?」という夢想で、せめてひととき和むことにして、先週号で紹介した台湾の温泉を思い出したりしてたんですが、そういえばもう1カ所(じゃなくて2カ所)、僕にとって「究極の温泉」があるなあと思いつき。

そのひとつめの極楽温泉は、ヨーロッパ随一の温泉国ハンガリーのヘーヴィーズ湖。『痩せる旅』でも紹介したけど、ブダペストの空港からクルマで2時間半ほどのヘーヴィーズは、なんと湖がまるごと温泉! 「ヨーロッパ最大&世界第2位の温泉湖」だそう。ちなみに世界最大の温泉湖はニュージーランドのワイマング渓谷にあるフライパン湖(ネーミングに情緒なさすぎ!)らしい。ただしフライパンのほうは温泉施設があるわけではなく、湯気が上がってるのを眺めるだけなので、実質的にはヘーヴィーズが世界最大の露天温泉ということになるはず。


広さ4.5ヘクタール、ほぼ東京ドームと同じサイズのヘーヴィーズ湖は、毎日8600万リットルの温泉が湧き出し、水温は夏場で32~33度、厳冬期でも26度以下にはならない。湖水は28時間で入れ替わり、硫黄を多量に含むことから、特に慢性の関節症、運動障害、リューマチなどに効能があるという。






水深が40m近くあるので、みんな更衣室の受付で浮き輪を借りるか、マイ浮き輪を持って入湯。ゆるやかに渦巻く流れに身を任せつつ、暖かな水温のおかげで春から秋までピンクや赤、白、黄色の花をつける睡蓮のあいだを漂うという、ほとんど涅槃の境地に遊ぶのであります。湖の周囲はぐるっと芝生になってるので、おいしいハンガリー・ワインとソーセージでピクニックもいいしね。


そしてもう1カ所の極楽温泉は、ハワイ島。昔ながらの静かな街並みが残っていて、日本人のファンも多いヒロから、クルマで約1時間。ハワイ島の最東端プナの、小さな小さなビーチタウンが続く137号線を走っていくと、アハラヌイ・ビーチ・パークという公園があります。ここがハワイでは珍しい温泉露天風呂なんですね。


一説によれば世界でいちばん活発な火山と言われるキラウェアを擁するハワイだから、さぞや温泉も多いのではと日本人ならだれしも期待してしまうところだが、地盤の関係からか、温泉はほとんど見つからない。

なのでハワイでは貴重なこのビーチパーク、太平洋の荒波が打ち寄せる、ごつごつの溶岩が積み重なった磯に、暖かい天然温泉のプールができている。水底のあちこちから熱いお湯が噴き出して、水温は常に30度前後。のぼせる心配もなく、充分に泳ぎ回れる広さと深さの天然プールに浸かって、パームツリーのあいだから覗く青空を眺めてると・・・天国にいちばん近い島って、ここのことじゃないかと思ったり。






ヒロに近いこのエリアは、ヒッピー濃度が高いことでも有名。入れ墨にボディピアスだらけのスキンヘッドオヤジが、赤ちゃんをそっと抱いてお湯の中で瞑想してたり、コミューンみたいな大家族がバーベキューに興じてたり、来る人たちもなかなかにカラフル。ハワイ島のリゾートホテルが集中するコナからはずいぶん遠いので、観光客ではなく、あくまでもロコ中心のパークというのがまた、うれしいし。ハンガリーだとワインと肉だったけど、こちらの極楽ではビールと、ハワイ特産のアレがお供でしょうねえ・・・あ~~~、行きたい!


  • TOP
  • 編集後記

AFTER HOURS BACKNUMBERS
編集後記バックナンバー

FACEBOOK

BOOKS

ROADSIDE LIBRARY vol.002
LOVE HOTEL(PDFフォーマット)

――ラブホの夢は夜ひらく

新風営法などでいま絶滅の危機に瀕しつつある、遊びごころあふれるラブホテルのインテリアを探し歩き、関東・関西エリア全28軒で撮影した73室! これは「エロの昭和スタイル」だ。もはや存在しないホテル、部屋も数多く収められた貴重なデザイン遺産資料。『秘宝館』と同じく、書籍版よりも大幅にカット数を増やし、オリジナルのフィルム版をデジタル・リマスターした高解像度データで、ディテールの拡大もお楽しみください。
円形ベッド、鏡張りの壁や天井、虹色のシャギー・カーペット・・・日本人の血と吐息を桃色に染めあげる、禁断のインテリアデザイン・エレメントのほとんどすべてが、ここにある!

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.001
秘宝館(PDFフォーマット)

――秘宝よ永遠に

1993年から2015年まで、20年間以上にわたって取材してきた秘宝館。北海道から九州嬉野まで11館の写真を網羅し、書籍版では未収録のカットを大幅に加えた全777ページ、オールカラーの巨大画像資料集。
すべてのカットが拡大に耐えられるよう、777ページページで全1.8ギガのメガ・サイズ電書! 通常の電子書籍よりもはるかに高解像度のデータで、気になるディテールもクローズアップ可能です。
1990年代の撮影はフィルムだったため、今回は掲載するすべてのカットをスキャンし直した「オリジナルからのデジタル・リマスター」。これより詳しい秘宝館の本は存在しません!

SHOPコーナーへ


圏外編集者

編集に「術」なんてない。
珍スポット、独居老人、地方発ヒップホップ、路傍の現代詩、カラオケスナック……。ほかのメディアとはまったく違う視点から、「なんだかわからないけど、気になってしょうがないもの」を追い続ける都築響一が、なぜ、どうやって取材し、本を作ってきたのか。人の忠告なんて聞かず、自分の好奇心だけで道なき道を歩んできた編集者の言葉。
多数決で負ける子たちが、「オトナ」になれないオトナたちが、周回遅れのトップランナーたちが、僕に本をつくらせる。
編集を入り口に、「新しいことをしたい」すべてのひとの心を撃つ一冊。

amazonジャパン


ROADSIDE BOOKS
書評2006-2014

こころがかゆいときに読んでください
「書評2006-2014」というサブタイトルのとおり、これは僕にとって『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』(2008年)に続く、2冊めの書評集。ほぼ80冊分の書評というか、リポートが収められていて、巻末にはこれまで出してきた自分の本の(編集を担当した作品集などは除く)、ごく短い解題もつけてみた。
このなかの1冊でも2冊でも、みなさんの「こころの奥のかゆみ」をスッとさせてくれたら本望である。

amazonジャパン


独居老人スタイル

あえて独居老人でいること。それは老いていくこの国で生きのびるための、きわめて有効なスタイルかもしれない。16人の魅力的な独居老人たちを取材・紹介する。
たとえば20代の読者にとって、50年後の人生は想像しにくいかもしれないけれど、あるのかないのかわからない「老後」のために、いまやりたいことを我慢するほどバカらしいことはない――「年取った若者たち」から、そういうスピリットのカケラだけでも受け取ってもらえたら、なによりうれしい。

amazonジャパン


ヒップホップの詩人たち

いちばん刺激的な音楽は路上に落ちている――。
咆哮する現代詩人の肖像。その音楽はストリートに生まれ、東京のメディアを遠く離れた場所から、先鋭的で豊かな世界を作り続けている。さあ出かけよう、日常を抜け出して、魂の叫びに耳を澄ませて――。パイオニアからアンダーグラウンド、気鋭の若手まで、ロングインタビュー&多数のリリックを収録。孤高の言葉を刻むラッパー15人のすべて。

amazonジャパン


東京右半分

2012年、東京右傾化宣言!
この都市の、クリエイティブなパワー・バランスは、いま確実に東=右半分に移動しつつある。右曲がりの東京見聞録!
576ページ、図版点数1300点、取材箇所108ヶ所!

amazonジャパン


東京スナック飲みある記
ママさんボトル入ります!

東京がひとつの宇宙だとすれば、スナック街はひとつの銀河系だ。
酒がこぼれ、歌が流れ、今夜もたくさんの人生がはじけるだろう、場末のミルキーウェイ。 東京23区に、23のスナック街を見つけて飲み歩く旅。 チドリ足でお付き合いください!

amazonジャパン