• TOP
  • 編集後記

AFTER HOURS
編集後記

2012年07月25日 vol.028

先週の編集後記は熱海からお送りしましたが、これを書いているきょう22日の日曜日は、福島県いわき市にいます。震災関連じゃなくて、ヒップホップ取材ですが・・。しかし熱海の「ギャル山車」は、思いがけずたくさんのひとたちにツイートしていただきました。みなさん、お好きですね~~。

いわき市は福島県最大の都市。東北全体でも仙台に次ぐ規模を誇っていますが、去年3月11日の震災では死者310名、行方不明37名、家屋も全半壊あわせて数万軒という、甚大な被害が出ています(市役所ウェブサイトより)。しかも福島第一、第二原発からは30~70キロ圏内。スパリゾートハワイアンズをはじめとする観光スポットも豊富ですが、なかなか震災前の活気は取り戻せていないらしく。


駅前に広がる繁華街も、かなり寂しげ。以前、全国の「来夢来人」という名前のスナックを訪ね歩く取材旅行で、いわきの来夢来人にも遊びに来たのですが、その当時よりもずいぶん、夜の街の灯りが暗くなっている気がします。


そんな沈滞ムードの中で、もともと老朽化していた飲食街「白銀小路」に、震災で被災した飲食店が集まって立ち上げた「夜明け市場」など、少しずつではあるけれど、復活を目指すフレッシュなエネルギーも目撃できました。

お目当てのライブハウスは繁華街のはずれにあり、今夜はハードコア・ロックバンドとヒップホップの融合イベント。地元から、東京から、何組ものアーティストが入れ替わり登場して、地元のキッズたちを煽ってました。


ラウンジのようになった部屋を見てみたら、壁に「なんとかレーシング」と、走り屋っぽいグラフィティが殴り書きされている上に、市内で被災したひとたちを、その被災した場所で撮影したポートレイトがたくさん貼られていて、思わず見入ってしまいました。


唐突だけど、そのとき思い出したのはいまから20年近く前に発表された『サラエボ旅行案内――世界初の戦場都市ガイド』という一冊の本。1992年から93年にかけてのサラエボ内戦で、どうにもならない最悪の状況に置かれた市民たちが、暴力ではなく機知を駆使して生き延びていくさまを、ミシュランを模した旅行ガイドの体裁で僕らに伝えてくれた貴重な出版物です(すでに絶版ですが、ウェブサイトで一部読めます http://bosnia.net/SSG-J/html_for2.0/frame.html)。

たとえば「戦争料理ブック」なんていう、非常食のクッキング・コーナーがあったり、スポーツの項では「ランニング:サラエボ市民にもっとも愛好されているスポーツ。誰もがこれを実践している。交差点はどこも危険なので、走らざるをえない。盗んだ薪をもったまま、行列ができているところまで走るということもある。行列に並ぶまでは、なにが売られているのかわからない」なんて紹介があります。

いま手元に書籍版がないので、ちゃんと引用できないのですが、たしか「スナイパー・アレイ」と呼ばれていた、狙撃手がつねに人々を撃ち殺そうと狙っているエリアのビルの中で、サラエボのひとたちはちゃんと現代美術の展覧会を開いたり、演劇や音楽のリサイタルや、バンドのライブもやっていたといいます。「一日のうちに葬式と結婚式を両方やらなくてはならない状態」が日常だったなかで、憎悪や暴力に身を任せるのではなく、いかに機知、つまりユーモアのちからで正常な精神を保っていくか。それは僕にすごく多くのことを教えてくれました。

もちろんサラエボと東北では置かれている状況がぜんぜんちがうし、同列に語れるわけもありません。でも、いまや警察には悪の温床あつかいされているライブハウスやクラブのような場所で、アウトロー・バイカーと被災者が壁に同居する奇妙な、でも見ようによってはすごく自然で、こころあたたまる光景は、それが音楽でも美術でもなんでもいいのだけれど、危機的状況の中で表現行為を持続することの大切さを教えてくれている気がします。


あまりにも絶望的な日常のなかで、ユーモアやジョークによって正気を保とうとすること。夜はハードコアバンドで爆音を響かせながら、昼は復興に取り組むこと。そこに、なにか共通するスピリットのかけらを見てしまうのは、僕だけでしょうか。「まじめなことは、まじめにやらなきゃいけない」のではなくて、「まじめなことは、楽しくやらなきゃいけない」と言えるようになったとき、それを社会の成熟と呼べるのかな、なんて思ったりします。国会前で金曜日のデモに参加して、そのあとみんなでおいしいもの食べに行ってるひとたちも、そういうことがちゃんとわかってるんでしょうね。

来週もお楽しみに!


  • TOP
  • 編集後記

AFTER HOURS BACKNUMBERS
編集後記バックナンバー

FACEBOOK

BOOKS

ROADSIDE LIBRARY vol.004
TOKYO STYLE(PDFフォーマット)

書籍版では掲載できなかった別カットもほとんどすべて収録してあるので、これは我が家のフィルム収納箱そのものと言ってもいい

電子書籍版『TOKYO STYLE』の最大の特徴は「拡大」にある。キーボードで、あるいは指先でズームアップしてもらえれば、机の上のカセットテープの曲目リストや、本棚に詰め込まれた本の題名もかなりの確度で読み取ることができる。他人の生活を覗き見する楽しみが『TOKYO STYLE』の本質だとすれば、電書版の「拡大」とはその密やかな楽しみを倍加させる「覗き込み」の快感なのだ――どんなに高価で精巧な印刷でも、本のかたちではけっして得ることのできない。

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.003
おんなのアルバム キャバレー・ベラミの踊り子たち(PDFフォーマット)

伝説のグランドキャバレー・ベラミ・・・そのステージを飾った踊り子、芸人たちの写真コレクション・アルバムがついに完成!

かつて日本一の石炭積み出し港だった北九州市若松で、華やかな夜を演出したグランドキャバレー・ベラミ。元従業員寮から発掘された営業用写真、およそ1400枚をすべて高解像度スキャンして掲載しました。データサイズ・約2ギガバイト! メガ・ボリュームのダウンロード版/USB版デジタル写真集です。
ベラミ30年間の歴史をたどる調査資料も完全掲載。さらに写真と共に発掘された当時の8ミリ映像が、動画ファイルとしてご覧いただけます。昭和のキャバレー世界をビジュアルで体感できる、これ以上の画像資料はどこにもないはず! マンボ、ジャズ、ボサノバ、サイケデリック・ロック・・・お好きな音楽をBGMに流しながら、たっぷりお楽しみください。

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.002
LOVE HOTEL(PDFフォーマット)

――ラブホの夢は夜ひらく

新風営法などでいま絶滅の危機に瀕しつつある、遊びごころあふれるラブホテルのインテリアを探し歩き、関東・関西エリア全28軒で撮影した73室! これは「エロの昭和スタイル」だ。もはや存在しないホテル、部屋も数多く収められた貴重なデザイン遺産資料。『秘宝館』と同じく、書籍版よりも大幅にカット数を増やし、オリジナルのフィルム版をデジタル・リマスターした高解像度データで、ディテールの拡大もお楽しみください。
円形ベッド、鏡張りの壁や天井、虹色のシャギー・カーペット・・・日本人の血と吐息を桃色に染めあげる、禁断のインテリアデザイン・エレメントのほとんどすべてが、ここにある!

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.001
秘宝館(PDFフォーマット)

――秘宝よ永遠に

1993年から2015年まで、20年間以上にわたって取材してきた秘宝館。北海道から九州嬉野まで11館の写真を網羅し、書籍版では未収録のカットを大幅に加えた全777ページ、オールカラーの巨大画像資料集。
すべてのカットが拡大に耐えられるよう、777ページページで全1.8ギガのメガ・サイズ電書! 通常の電子書籍よりもはるかに高解像度のデータで、気になるディテールもクローズアップ可能です。
1990年代の撮影はフィルムだったため、今回は掲載するすべてのカットをスキャンし直した「オリジナルからのデジタル・リマスター」。これより詳しい秘宝館の本は存在しません!

SHOPコーナーへ


捨てられないTシャツ

70枚のTシャツと、70とおりの物語。
あなたにも〈捨てられないTシャツ〉ありませんか? あるある! と思い浮かんだあなたも、あるかなあと思ったあなたにも読んでほしい。読めば誰もが心に思い当たる「なんだか捨てられないTシャツ」を70枚集めました。そのTシャツと写真に持ち主のエピソードを添えた、今一番おシャレでイケてる(?)“Tシャツ・カタログ"であるとともに、Tシャツという現代の〈戦闘服〉をめぐる“ファッション・ノンフィクション"でもある最強の1冊。 70名それぞれのTシャツにまつわるエピソードは、時に爆笑あり、涙あり、ものすんごーい共感あり……読み出したら止まらない面白さです。

amazonジャパン


圏外編集者

編集に「術」なんてない。
珍スポット、独居老人、地方発ヒップホップ、路傍の現代詩、カラオケスナック……。ほかのメディアとはまったく違う視点から、「なんだかわからないけど、気になってしょうがないもの」を追い続ける都築響一が、なぜ、どうやって取材し、本を作ってきたのか。人の忠告なんて聞かず、自分の好奇心だけで道なき道を歩んできた編集者の言葉。
多数決で負ける子たちが、「オトナ」になれないオトナたちが、周回遅れのトップランナーたちが、僕に本をつくらせる。
編集を入り口に、「新しいことをしたい」すべてのひとの心を撃つ一冊。

amazonジャパン


ROADSIDE BOOKS
書評2006-2014

こころがかゆいときに読んでください
「書評2006-2014」というサブタイトルのとおり、これは僕にとって『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』(2008年)に続く、2冊めの書評集。ほぼ80冊分の書評というか、リポートが収められていて、巻末にはこれまで出してきた自分の本の(編集を担当した作品集などは除く)、ごく短い解題もつけてみた。
このなかの1冊でも2冊でも、みなさんの「こころの奥のかゆみ」をスッとさせてくれたら本望である。

amazonジャパン


独居老人スタイル

あえて独居老人でいること。それは老いていくこの国で生きのびるための、きわめて有効なスタイルかもしれない。16人の魅力的な独居老人たちを取材・紹介する。
たとえば20代の読者にとって、50年後の人生は想像しにくいかもしれないけれど、あるのかないのかわからない「老後」のために、いまやりたいことを我慢するほどバカらしいことはない――「年取った若者たち」から、そういうスピリットのカケラだけでも受け取ってもらえたら、なによりうれしい。

amazonジャパン


ヒップホップの詩人たち

いちばん刺激的な音楽は路上に落ちている――。
咆哮する現代詩人の肖像。その音楽はストリートに生まれ、東京のメディアを遠く離れた場所から、先鋭的で豊かな世界を作り続けている。さあ出かけよう、日常を抜け出して、魂の叫びに耳を澄ませて――。パイオニアからアンダーグラウンド、気鋭の若手まで、ロングインタビュー&多数のリリックを収録。孤高の言葉を刻むラッパー15人のすべて。

amazonジャパン


東京右半分

2012年、東京右傾化宣言!
この都市の、クリエイティブなパワー・バランスは、いま確実に東=右半分に移動しつつある。右曲がりの東京見聞録!
576ページ、図版点数1300点、取材箇所108ヶ所!

amazonジャパン


東京スナック飲みある記
ママさんボトル入ります!

東京がひとつの宇宙だとすれば、スナック街はひとつの銀河系だ。
酒がこぼれ、歌が流れ、今夜もたくさんの人生がはじけるだろう、場末のミルキーウェイ。 東京23区に、23のスナック街を見つけて飲み歩く旅。 チドリ足でお付き合いください!

amazonジャパン