• TOP
  • 編集後記

AFTER HOURS
編集後記

2014年12月10日 Vol.143

今週も最後までお付き合い、ありがとうございました。気になった記事、ありましたか? よろしければぜひ、Facebookページまでご感想お寄せください・・・と毎週のように書いてますが、意外にメッセージが少なかったりして、ちょっと寂しいと思う今日このごろ、思いがけずうれしいお便りをいただきました!

11月19日配信号でお伝えしたロリータ・ブランド「ベイビー・ザ・スターズ・シャイン・ブライト」のお茶会@東京ステーションホテル。倒錯的とすら言えそうな、耽美な非日常感に感じ入ったかたもいらっしゃると思いますが、記事でも触れたとおり、11月23日には上海オークラガーデンホテルでもお茶会を開催。受付開始から5分間で完売したというそのパーティに、本メルマガ読者のMikaraさんが参加して、上海お茶会リポートを送ってくれました。

今週の編集後記は、Mikaraさんの楽しい読者リポートをご紹介。みなさんからのリポートもどんどん掲載したいので、お気軽にお送りください。「正月休み珍スポットめぐり」とか、「実家帰省おかんアート採集記」とか、読みたいな~~。お待ちしています!

BABY, THE STARS SHINE BRIGHT お茶会 in 上海

文・写真:Mikera


日本のアパレルブランド「BABY,THE STARS SHINE BRIGHT」が開催する上海でのお茶会に参加してきました。

早期お申し込み=658元(約1万3000円)
通常お申し込み=728元(約1万4300円)

ながら、200席が発売後5分で完売したというプレミアムチケットです。

お客様の平均年齢は10代後半~20代前半が多く、この世代の女の子の特徴である輝きが半端じゃなく、ほんとうにみんなが眩しいくらいキラキラしていました。

可愛くて美しくて細くて顔ちっちゃくて、礼儀正しくて、物腰柔らかく、賢く、そしてリッチ。そんな上海の新世代、上海のお嬢様が200人集うイベント。上海のお嬢様たちに初めてお会いしました。というか、日本でも本物のお嬢様と会う機会はほぼありませんが・・・。

私の参加目的は、BABYさんとのコラボステーショナリーを展示すること、上海のお客様に知っていただくことです。2015年3月発売予定の商品を、物販ブースの横に陳列させていただきました。

物販ブースで商品を買うため、発売前から行列を作るお客様(皆様、きちんと行儀よく順番を守り整列されていました)。必然的に弊社商品も見ていただくことになり、「かわいい!」「かわいい!」の大合唱をいただきました。


3500円(日本円)のペンポーチは「安い!」と言われ、2万円までだったら何でも買うわ」と・・・(お嬢様)。今回、会場では販売しておらず来年3月の発売なんですと言った途端、大きく落胆し、半泣きになるお客様たち。

「絶対に全部買うわ!」
「こんなに素敵な商品を作ってくださってありがとうございます。お会いできて光栄です。」
「上海に来ていただいて本当にありがとうございます。皆様に感謝しています」
(本当に日本語でこう言われました、一語一句そのままです!)

等々、沢山の嬉しい言葉を貰って、私、ほんとうに涙が出ました。

お客様にこんな嬉しいことを言われたのは何年ぶりでしょうか?

日本でのものづくり、もの売りにはほんとう~に厳しい環境で、私の周りも私もこの先(の日本の小売)に夢なんてあるのか?と、暗澹たる気持ちのほうが強くて。でもこんなキラキラオーラのお客様に囲まれて、商品褒められて、もうこの先、未来は希望ばかり!な気分になりました(我ながら安易ですが)。

もちろん、今回のイベントはBABYさんのブランド力があってこそで、揺ぎないロリータの世界観の追求が、海外のセレブリティを(中国に限らず)虜にしているわけです。この上海の、そしてお客様の熱気は、私の目からうろこが100枚落ちるほどのショックな出来事でした。

上海のBABYファンは、その生まれ育った環境に拠るところだと思うのですが、「こんな豊かな環境で育っている私、世が世なら私はお姫様なはず。そんな私が着るべき洋服は、お姫様が着るようなドレスなのだわ」という文脈で好んでいるのではないか?と、ふと思いました。なぜなら、ドレスを着ての立ち振舞いがほんとうにお姫様。日本のロリータだって、こんなに自然にドレスの裾をつまんで、おじぎなんかできないんじゃないでしょうか?というくらいナチュラルに、姫。

私自身、10代はMILKやJane Marpleにハマったロリータ第1世代なのですが、日本人のロリータ愛好メンタリティは、「この現実から逃避したい=現実感のない、かわいい、かわいい、ただただかわいいお洋服で夢の世界に浸りたい」欲が強い気がするのですが・・・。少なくとも私はそうでした。色々大変な現実と、その現実の自分を覆い隠してくれる、フリルとリボンの世界に夢中でしたから。


ちなみに今回のイベント、目玉であるファッションショーのモデルさんは、ブランドスタッフ&日本人モデル2名以外、すべて現地のファンがボランティア参加していたそうです。

さらに言うと、このイベント自体、ブランドのファンである某銀行のキャリアウーマンが、ボランティアですべての面においてサポートしています。彼女はロリータ暦10年、個人主催でお茶会を開催するほどで、その集客の凄さを見たBABYの社長様が、本社開催に踏み切った・・・と伺いました。

彼女の仕切りはほんとうに見事で、会場交渉から設営、ショーの運営、セッティング、リハーサル、そして司会と通訳まで、各種代理店様に見習っていただきたい行動力。

普段の仕事ぶりも想像に難くなく(絶対に上司にしたくない&怒られたくないタイプ)、そのうえ彼女の同僚バンカー男子が3名、駆り出されておりまして(バンカー以外にも3名、計6名の男子が手下という)・・・白シャツにネクタイのバンカーが、ロリータちゃん相手に物販している絵は本当にクール!!!の一言。しかもバンカーだから物販も金額間違えなし!

熱狂と上品さが共存するこんな凄いイベントは、人生初の体験すぎて、いまだ思い出すだけで鳥肌です。

  • TOP
  • 編集後記

AFTER HOURS BACKNUMBERS
編集後記バックナンバー

FACEBOOK

BOOKS

ROADSIDE LIBRARY vol.002
LOVE HOTEL(PDFフォーマット)

――ラブホの夢は夜ひらく

新風営法などでいま絶滅の危機に瀕しつつある、遊びごころあふれるラブホテルのインテリアを探し歩き、関東・関西エリア全28軒で撮影した73室! これは「エロの昭和スタイル」だ。もはや存在しないホテル、部屋も数多く収められた貴重なデザイン遺産資料。『秘宝館』と同じく、書籍版よりも大幅にカット数を増やし、オリジナルのフィルム版をデジタル・リマスターした高解像度データで、ディテールの拡大もお楽しみください。
円形ベッド、鏡張りの壁や天井、虹色のシャギー・カーペット・・・日本人の血と吐息を桃色に染めあげる、禁断のインテリアデザイン・エレメントのほとんどすべてが、ここにある!

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.001
秘宝館(PDFフォーマット)

――秘宝よ永遠に

1993年から2015年まで、20年間以上にわたって取材してきた秘宝館。北海道から九州嬉野まで11館の写真を網羅し、書籍版では未収録のカットを大幅に加えた全777ページ、オールカラーの巨大画像資料集。
すべてのカットが拡大に耐えられるよう、777ページページで全1.8ギガのメガ・サイズ電書! 通常の電子書籍よりもはるかに高解像度のデータで、気になるディテールもクローズアップ可能です。
1990年代の撮影はフィルムだったため、今回は掲載するすべてのカットをスキャンし直した「オリジナルからのデジタル・リマスター」。これより詳しい秘宝館の本は存在しません!

SHOPコーナーへ


圏外編集者

編集に「術」なんてない。
珍スポット、独居老人、地方発ヒップホップ、路傍の現代詩、カラオケスナック……。ほかのメディアとはまったく違う視点から、「なんだかわからないけど、気になってしょうがないもの」を追い続ける都築響一が、なぜ、どうやって取材し、本を作ってきたのか。人の忠告なんて聞かず、自分の好奇心だけで道なき道を歩んできた編集者の言葉。
多数決で負ける子たちが、「オトナ」になれないオトナたちが、周回遅れのトップランナーたちが、僕に本をつくらせる。
編集を入り口に、「新しいことをしたい」すべてのひとの心を撃つ一冊。

amazonジャパン


ROADSIDE BOOKS
書評2006-2014

こころがかゆいときに読んでください
「書評2006-2014」というサブタイトルのとおり、これは僕にとって『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』(2008年)に続く、2冊めの書評集。ほぼ80冊分の書評というか、リポートが収められていて、巻末にはこれまで出してきた自分の本の(編集を担当した作品集などは除く)、ごく短い解題もつけてみた。
このなかの1冊でも2冊でも、みなさんの「こころの奥のかゆみ」をスッとさせてくれたら本望である。

amazonジャパン


独居老人スタイル

あえて独居老人でいること。それは老いていくこの国で生きのびるための、きわめて有効なスタイルかもしれない。16人の魅力的な独居老人たちを取材・紹介する。
たとえば20代の読者にとって、50年後の人生は想像しにくいかもしれないけれど、あるのかないのかわからない「老後」のために、いまやりたいことを我慢するほどバカらしいことはない――「年取った若者たち」から、そういうスピリットのカケラだけでも受け取ってもらえたら、なによりうれしい。

amazonジャパン


ヒップホップの詩人たち

いちばん刺激的な音楽は路上に落ちている――。
咆哮する現代詩人の肖像。その音楽はストリートに生まれ、東京のメディアを遠く離れた場所から、先鋭的で豊かな世界を作り続けている。さあ出かけよう、日常を抜け出して、魂の叫びに耳を澄ませて――。パイオニアからアンダーグラウンド、気鋭の若手まで、ロングインタビュー&多数のリリックを収録。孤高の言葉を刻むラッパー15人のすべて。

amazonジャパン


東京右半分

2012年、東京右傾化宣言!
この都市の、クリエイティブなパワー・バランスは、いま確実に東=右半分に移動しつつある。右曲がりの東京見聞録!
576ページ、図版点数1300点、取材箇所108ヶ所!

amazonジャパン


東京スナック飲みある記
ママさんボトル入ります!

東京がひとつの宇宙だとすれば、スナック街はひとつの銀河系だ。
酒がこぼれ、歌が流れ、今夜もたくさんの人生がはじけるだろう、場末のミルキーウェイ。 東京23区に、23のスナック街を見つけて飲み歩く旅。 チドリ足でお付き合いください!

amazonジャパン